次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは似て非なるもの

次亜塩素酸とは

e-ziaの成分は次亜塩素酸水でできています。
次亜塩素酸水とは、厚生労働省が公表した見解では、
「殺菌料の一種であり、塩酸又は食塩水を電解することにより得られる次亜塩素酸を
主成分とする水溶液」であると位置づけられています。
また日本では平成14年6月に、
食品添加物として指定され、使用基準、成分規格が定められました。
つまり「次亜塩素酸水」は、
厚生労働省が認めた安全で且つ殺菌効果の高い水溶液であり、
食品添加物として指定されていることが何よりの証拠です。
その高い安全性の根拠は、「次亜塩素酸」そのものが元々人の体内で作られ、
体外からくる細菌や異物を分解しているからです。
次亜塩素酸の安全性は生物が数億年かけて証明し続けているのです。

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違い

次亜塩素酸水(e-zia)と次亜塩素酸ナトリウムは、
名前は似ていますが全く違う特徴を持つものです。